中古車販売

絶対に買ってはいけない中古車は?

安い車にはわけがある!!

なぜ、同じ車種、同じ年式の車に値段の違いがあるのでしょうか? 
そこにはちょっと見ただけではわからない、恐ろしい理由が隠れていることがあります。

 

修復歴車

最近の中古車のネットサイトなどでは修復歴などもきちんと表記されているものも多く、ある程度「車の経歴」がわかるようになってきています。
しかし、そのトラブルの具合が、かすり傷程度のものなのか、大規模なものなのか、なかなか判断することは難しいでしょう。

加えてその修復箇所がどの部分かで、大きく見直しが必要な場合もあります。

例えばFF車(車体の前部にエンジンがある車)のダメージを受けた箇所が、車の前部なのか後部なのかで状況は大きく変わります。当然前部に衝撃を受ければエンジンへの影響は大きく、後部の衝撃は影響が少ないでしょう。
逆にFR車(車体の後部にエンジンがある車)の場合は後部への衝撃はかなりのダメージになるはずです。
そのような心配をなくすためにも、なるべく修復歴車を手にしない用、注意が必要となります。

ネット上では修復歴が見えづらい場合が多いのですが、なかなか確認ができないのが現状です。
問い合わせた場合にきちんと回答を出してくれる業者は、安心して任せられると考えてよいかもしれません。

走行距離

ご存じのとおり、走行距離が伸びれば伸びるほど各部の経年劣化は進み、部品の交換の必要などに迫られることがあると思います。
メーカーによってはある一定の期間で必ずメンテナンスをさせるために、長持ちしない部品を装備しているものもあります。
購入してから部品交換やメンテナンスにお金を費やすことを減らすためにも、できるだけ過剰に「走り過ぎ」の車は避けることが賢明でしょう。

逆に年式は古いのに走行距離が短すぎるものにも注意が必要です。車庫や駐車場でずっと眠っていた車…。修理のプロなどに聞くと「走り過ぎの車の方が、まだまし」というケースもまれにあるそうです。飾られる目的で買われた高級車、稀少車などのレアケースもありますが、やはり順調に走行実績がある車を選んだ方が危険性は少ないでしょう。

一昔前はメーター戻しなど、走行距離表示を改ざんして中古車を販売するという犯罪もありましたが、おそらく最近ではそんな業者はいないはずです。
走行距離は判断の一つの材料としていいと思います。

 

ネットでは見えない車の状態

一見良さそうな中古車でも、パソコンの画面上では絶対に判断できないポイントがいくつかあります。

 

におい

ネット上でピカピカに見えた車でも、実際購入してみたらペット臭がきつくて清掃に困った…といった声を聞いたことがあります。加えて動物アレルギーがある人が購入したら、健康状態にも影響が出るケースもありますね。そしてペット臭と並んでにおいがしつこいのが、タバコ臭です。
これもまた、嫌煙家の人には耐えられないことが想像できます。

逆に消臭剤の香りが強烈に染みついて、息苦しくなってしまうケースも。
ネット上で中古車の購入を考える場合には、匂いを含めた感覚的な部分についても、念入りに中古車を販売する業者さんに問い合わせる必要があると思います。

内装

在庫の中古車データがネットに載っていても、内装の状況までは…。
ネット上ではなかなか見ることができないはずです。
シートの傷・汚れ、タバコの焦げ痕、内装が傷んでいる車は、元の持ち主が車を大事に扱っていなかった証拠なのでは…? 
部品交換やオイル交換など、お手入れが不十分だったかもしれません。

もし中古車の販売業者が画像提供を嫌がるようであれば、危ない中古車を紹介される可能性が増すと考えられます。

 

★AKINDO AUTOのオリジナルサービス

【中古車の動画配信をLINEで】

在庫車がある場合、お客様からのお問い合わせに応じて、ご希望の中古車の動画をLINEで配信します。
外観はもちろん、内装、エンジン音など、動画だからこそわかる詳しい紹介が可能です。

リクエストをお待ちしております。


友だち追加

AKINDO AUTOが考える中古車選びのポイント

 

AKINDO AUTOが長年培ってきた中古車販売の経験と実績から、
たどりついた中古車選びのポイントを紹介します。

 

 

修復歴を必ずチェック

もちろん、大きな修復が無い車が一番! 
ただし、修復している車でもその場所や度合いによって、いい状態を維持している中古車もあります。
しっかり問い合わせて、間違いのない中古車選びを進めてください。

 

同じ車種でも中身が違う

例えばダイハツのタントの場合、同じ年式でも5種類のモデルが登場しており、それぞれのスペック、装備が全く違います。
予算の範囲内で複数のモデルがあれば、できる限りハイモデルを選んだ方がいいのは間違いありません。

 

装備によって評価が変わる

一言で「エアコン」と言っても、オートエアコンなのかマニュアルエアコンなのかで、その快適さ、便利さは大きく変わります。また、近年になってめまぐるしく進化を遂げているのが「安全装置」。
5年前に歩行者を判断してオートストップが働くような車はあったでしょうか。さらには指紋認証など、カギが無くても使える車が増加中。
当然、装備によって値段の上下がありますので、その内容もしっかり考慮するべきです。

 

下取りのことも考えよう

 

 

購入の際には、将来さらに買い換える場合のことも考えた方が賢明です。
メーカー、車種、装備など、下取りの時に査定が高くなる車と安くなる車には大きな違いがあります。
また、その人気のサイクルは社会情勢や流行によって、大きく変動します。

例えば、現在のディーゼル車の価格下落を2、3年前に予想できた人はいるでしょうか?
 自分の好みを重視するのは当然ですが、加えて将来のことも少し頭に入れておいた方がよいかもしれません。

 

 

車体のカラーは価格に大きく影響

もちろん自分の好きな色、気に入ったボディのカラーで中古車を選んで構いません。
しかしあえて言いますが、将来的に下取りに出した場合、奇抜なカラーは査定価格が下がります。
安定して高い査定が望めるのが白と黒の二本柱。次点としてシルバーが中古車市場で人気の色です。
この傾向は長年に渡って、基本的に変化はありません。一考を。

 

 

【中古車選びのプチ情報】

 

▼車両価格VS総額

ネット上で「これは安い!」と思ったら、車両価格のみの表示で、総額ではかなり余分な額を払わなければいけないケースも。このサイトでの価格表記は、総額で表示しています。

 

▼普通車VS軽自動車

ご存じの方が多いと思いますが、自動車税と自動車重量税が大きく違います。実は、近年の中古車の買取価格は、軽自動車のほうが上昇傾向にあります。

 

▼事故車VS修復歴車

「事故車」の定義はあいまいで、バンパーの傷程度では修復歴車には入りません。溶接で留めた本体を修理・板金・交換したのが「修復歴」。大きなダメージを受けた可能性がある修復歴に注目してください。

 

 

【キャンピングカーの中古車選び】

AKINDO AUTOはキャンピングカーについても、中古車販売に力を入れています。
キャンピングカーの中古車は、一般の中古車と比べて価格が下がりにくく、高い価格を維持しがちなのが特徴です。
無駄な買い物をしないためにも、慎重にチェックする必要があります。

中古キャンピングカーを選ぶ③つのポイント

①シート

一般車と選び方が違うのは、より快適に過ごせるかという「居住性」が、大きなポイントとなることです。
特に長時間体に触れ、ベッドにも変わる可能性があるシートは、大きさ、固さ、汚れなど、念入りにチェックしましょう。

 

②居住空間の壁

価格の高いキャンピングカーには、壁が2重構造、3重構造になっており、断熱効果がすばらしいものが多くあります。
この断熱効果は夏の暑さと冬の寒さのどちらにも威力を発揮! 
しっかりスペックを確認して、快適さを維持してください。

 

③水回り

一般車と大きな違いが洗面台、シャワーなどの水回り。
この部分は劣化や汚れが目立ちやすく、その車の状態を判断するのにも役に立つポイントです。
キャンピングカーの目的や用途によっては、逆に水回りの装備がない中古車を選ぶ方がよい場合も考えられます。

 

 

中古車販売

注文販売

店舗外装03

 

オークション会場

 

お車を買う時に、お店で希望の車種がなく、予算、車種、グレード、色など妥協した経験はありませんか?

当店アキンドオートは、これから何年も過ごす愛車への妥協をしてほしくありません!!

数の少ない希少車、外車、限定車など幅広く、お客様のご予算からご希望に近い車種をアキンドオート独自のルートと、

100以上ある提携オークション会場からお探しいたします!!

 

中古車販売

店舗内装01

 

店舗内装02

 

goo-net

 

carsensor

 

当社アキンドオートは豊富な在庫車を業界最大級のGoo・カーセンサーと提携しております!

情報誌はもちろん、インターネットや携帯、スマホなどからでも当社の在庫情報をご覧いただけます!

インターネットから「アキンドオート」と検索いただくか、下記バナーよりご覧ください!